エレベーターを長持ちさせよう!点検を優良業者に依頼すべし

委託業者の選び方

エレベーター

メーカー系と独立系

マンションのエレベーターは日常生活で使用するものですから、定期的に保守点検を行って事故の内容にしなければなりません。法律によって法定点検は1年に1回行うことが義務付けられていますが、エレベーターは精密な設備ですから月に1回、少なくとも3月に1回程度の頻度で点検してもらうことが理想的です。エレベーターの保守点検業務を専門業者に依頼する場合には、マンションの管理組合などで話し合って決めることになりますが、費用やサービスが会社によって異なりますので、しっかりと比較検討したうえで決めることが大切です。エレベーターのメンテナンス会社には、大きく分けてメーカー系の会社と独立系の会社があります。メーカー系の会社はエレベーターのメーカーの系列会社になります。自社製品のメンテナンスですから安心して任せることができる反面、費用面では高くなる傾向にあります。一方、独立系の会社は、どこのメーカーにも属していませんので、エレベーターのメーカーに関係なく依頼することができます。人件費などコスト面で抑えられているため、メーカー系の会社よりも安いのが特徴です。どちらの会社を選ぶかは、自動車の車検と同じようなものです。車検の場合、安心して任せたいならディーラーに頼みますし、ある程度信頼できるなら安い方がいいというのであれば車検会社に頼みます。メーカー系にするか独立系にするかは、安心を重視するか費用を重視するか、マンションの管理組合などで十分に議論した上で決めることです。