エレベーターを長持ちさせよう!点検を優良業者に依頼すべし

業者選びの注意点

男女

長い付き合いです

エレベーターを設置すれば保守点検は必要です。その点検には定期点検と法定点検があります。定期点検は月一回のペースで行われ、機械室環境状況の点検、制御盤、ブレーキの点検、調整及び注油などがあります。最近は遠隔操作も可能になり保守技術者が現地で行う事も出来るようになりました。法定点検は年一回であり、国土交通省令に従い行い事とされています。保守点検作業員は昇降機検査資格保持者が当たると定められ、管轄の行政庁への報告義務があります。終わればエレベーター内に法定検査済みステッカーが張られます。この作業には大手メーカーや独立系のエレベーター専門の資格を持った人が当たります。そのエレベーターの契約にはPOG契約とフルメンテナンス契約とがあります。POG契約は点検、給油、調整、消耗品の交換がありフルメンテナンスと違うのは契約に含まれない部品の交換や修理にはコストが都度かかる事です。ただしその分コストは大幅に安くなります。フルメンテナンスは予算などを予め計上しておくことが出来るので費用は高くなります。築年数が古い建物や大型施設にはメリットがあります。大手メーカーだとノウハウや豊富な経験、信用力とブランド力など優れた面はありますが費用は高めです。独立系はこれまで寡占状態であったメーカー主導のやり方に価格競争の原理を用い、低価格でサービルを提供しています。ではどちらが良いのかですが、技術力の格差、部品の質と供給能力の格差はほぼありません。採用を検討される際はコストだけではなく、会社の経営方針や営業担当者の人柄、口コミ、見積もりの内容などを十分に比較検討する事が大事です。