エレベーターを長持ちさせよう!点検を優良業者に依頼すべし

委託業者の選び方

エレベーター

マンションのエレベーターの保守点検業務を業者に依頼する場合、メーカー系の会社と独立系の会社があります。安心感を重視するのであればメーカー系ですし、価格面でいえば独立系になります。管理組合などで十分に議論したうえで決める必要があります。

詳しく見る

法令で定められている

手

エレベーターを安全に運用していくには、定期点検や保守が必要となります。また法令による義務があり保守点検を依頼するなら、実績がある信頼できる会社に相談することです。実績があるエレベーター保守点検会社では、高い技術を持ったスタッフが迅速に対応してくれます。

詳しく見る

業者選びの注意点

男女

エレベーターの点検作業には専門の資格保持者が当たります。どこの業者に委託するかは、コストだけではなく口コミ、会社の経営方針や担当者の人柄、納得の行く見積書内容かどうか検討してから決めましょう。あくまでもエレベーターの点検は安産第一である事だけはお忘れなく。

詳しく見る

ライフラインにもなり得る

エレベーター

マンション内には必ず存在するエレベーターは定期的に点検やメンテナンスを心掛けなくてはいけません。一番いいのは専門の業者と契約して点検業務をお願いすることです。安心感がありますしトラブルの時もすぐに対応してくれます。

詳しく見る

維持管理 

エレベーター

マンションでエレベーターを設置した場合、維持管理していく必要がある。定期的に必ず行わなければならないものとしては、定期点検がある。これらは専門の業者に依頼して行われるが、業者を比較検討し選ぶことが重要である。

詳しく見る

日々のメンテナンスが必要

工具を持つ人

メンテナンス会社を選ぶ

マンションの設備の中でも維持管理や更新投資に費用がかかるのがエレベーターです。もちろん、高層階のマンションになればなるほど、エレベーターがなければ生活できません。10年20年の長期的な修繕計画の中で、エレベーターの改修工事も念頭に置いておくことが大切ですが、日々の生活の中での保守点検も重要です。エレベーターに関しては、法律によって年に1回の法定点検が義務付けられています。この法定点検においては、エレベーターを止めて、機械室の中に入り、給油や清掃、調整などを行います。消耗品を交換したり、劣化した部品の修理を行ったり、場合によってはメインロープを取り換えるなどの大規模な修繕を行うこともあります。費用的には安くはありませんが、適切な保守点検を行うことで、万が一の事故を防ぐことができるのです。法定点検以外にも、定期的なメンテナンスを行うことで事故の発生を防ぐことができます。会社にもよりますが、日々のメンテナンスを遠隔監視システムによって行っているところもありますし、3か月に1回程度現地に赴いてメンテナンスを行っているところもあります。エレベーターは日々使用するものですから、確実に消耗・劣化していきます。大切なことは大きな事故に至る前に、その前兆に気付くことです。マンションの管理組合において保守点検を行う業者を選ぶ場合には、豊富な実績を持っており、安心してメンテナンスを任すことができる会社を選ばなければなりません。